「自閉症、ADHDなどの発達障害は脳の軽度な機能障害である」

「自閉症、ADHDなどの発達障害は脳の軽度な機能障害である」
しかし。「運動で脳をよい状態にすると脳機能が改善するという最新脳科学」と、「子どもは感情を伴う他人とのやりとりを通じて発達するという発達心理学」の考えをよりどころに、私たちスパーク協会は「スパーク運動療育®」を開発しました。

世界的ベストセラー『脳を鍛えるには運動しかない』の著者、ハーバード大学・レイティ博士の『GO WILD』で当「スパーク運動療育®」をご紹介していただいています。
https://www.spark-method.com/

スパークでは子どもへのごほうびにお菓子などを使うことはありません

スパークでは子どもへのごほうびにお菓子などを使うことはありません
ハーバード大・レイティ博士が「スパーク運動療育®」をすすめる三つの理由 その2
精神医学界では誰もが主眼とする、共感して子どもを理解し自己肯定感を高めることにすぐれていることです。

つまりほめること、前向きに応援すること(「正の強化」といいます)、そして人間関係を大切にしているということです。

発達障害の行動療法では、子どもへのごほうびにお菓子などが使われますが、スパークでは、むしろ人間関係を大事にします。

それは、子どもにとって一生役立つことなのです。

■ジョン・レイティ博士とは
医学博士。世界的ベストセラー『脳を鍛えるには運動しかない』『GO WILD』の著者。ハーバード大・医学大学院臨床精神医学准教授。

脳と運動のつながりに関する世界的権威の一人。
「スパーク協会」の特別顧問でもある。
https://www.spark-method.com/

ハーバード大・ジョンレイティ博士が「スパーク運動療育®」をすすめる3つの理由

ハーバード大・ジョンレイティ博士が「スパーク運動療育®」をすすめる3つの理由
そのひとつは、遊び心がある、療育に最適な「運動療育士®」たちの存在です。

遊びは、どんな子にも必要で、どんな子も反応します。
そして、遊びは、子どもが学び成長する一番の方法です。

遊びは運動につながりますから、子どもは遊ばせなければなりません。

そのためにも「スパーク」にいるようなひょうきんで少し野性的な療育士たちが必要です。

そのおかげで、子どもたちは集中力を保ったまま体を動かし成長し続けられるからです。

■ジョン・レイティ博士とは
医学博士。世界的ベストセラー『脳を鍛えるには運動しかない』『GO WILD』の著者。ハーバード大・医学大学院臨床精神医学准教授。

脳と運動のつながりに関する世界的権威の一人。

「スパーク協会」の特別顧問でもある。
https://www.spark-method.com/

「スパーク運動療育」の帰りは親子で笑いながら帰れるように♪

「スパーク運動療育」の帰りは親子で笑いながら帰れるように♪
以前通っていたスパルタだった療育施設では、問題点ばかりを指摘され、親子で下を向いて帰っていましたが。

「スパーク運動療育」でからだを動かしたあとは、興奮して楽しかったことを話してくれる息子と笑いながら帰れるように♪

親の気持ちに余裕ができ、毎日笑顔でいることで子どもは変わってきます。

小2の男の子のママより
ご感想ありがとうございます!

運動をすると「特性傾向」が目立たなくなっていく

運動をすると「特性傾向」が目立たなくなっていく
運動をすると「体の機能」と「心の機能」が高まっていきます。
同時に発達障害のある子どもの「特性傾向」が弱まることがわかっているんです。

「運動」はスポーツクラブに通うような運動よりも、外遊びのほうが脳の発達をより促します♪

◾️清水貴子とは
脳が活性化する「スパーク運動療育®」の開発者であり、「スパーク協会」理事。

「スパーク運動療育®」で5年で600人を超える発達障害児が劇的改善。
世界的ベストセラー『脳を鍛えるには運動しかない』の著者、ハーバード大・レイティ博士も清水貴子を絶賛。

保護者や全国の発達障害児を支援する事業所、団体から今、最も注目されている一人。

https://www.amazon.co.jp/dp/4093108498?ie=UTF8&%2AVersion%2A=1&%2Aentries%2A=0

大寒波到来。

大寒波到来。子供たちは雪に大喜び♪
お洗濯はたいへんだけれども、雪遊びは五感を刺激して脳の発達を促します♪

農作物や事故などの被害がありませんように。
素敵な週末を♪

不安でも大丈夫! 3ヶ月で変わります!

不安でも大丈夫! 3ヶ月で変わります!
楽しく遊んで600人の発達障がい児を劇的改善「スパーク運動療育®」。 http://www.amazon.co.jp/dp/4093108498

◾️『発達障害の子の脳をきたえるスパーク運動療法』著者・清水貴子とは
脳が活性化する「スパーク運動療育®」の開発者であり、「スパーク協会」理事。

「スパーク運動療育®」で500人を超える発達障害児が劇的改善。
世界的ベストセラー『脳を鍛えるには運動しかない』の著者、ハーバード大・レイティ博士も清水貴子を絶賛支持。

保護者や全国の発達障害児を支援する事業所、団体から今、最も注目されている一人。
https://youtu.be/iS-_k9GlBZ4