子どもの個性に合わせた関わり

例えば子どもが4歳だからといって4歳の課題や、やりとりを提供するのではなく、その子の特性と発達段階に配慮した関わりが必要です。

ちょっと目線を変えて接してみることで子どもの反応は大きく変わってくるものです。スパーク運動療育®︎