脳を発達させるのは運動です。運動であらゆる子どもの可能性を高める社会的運動「SPARKムーブメント」を推進しています。

発達障害の子の脳をきたえる 笑顔がはじけるスパーク運動療育

発達障害の子の脳をきたえる 笑顔がはじけるスパーク運動療育


ss 2016-03-20 20.48.16 好評販売中! 
http://www.amazon.co.jp/dp/4093108498

脳が活性化する運動療育、日本家庭に初上陸!

スパーク運動療育で500人を超える発達障がい児の発達に関わり、
運動療育の国内第一人者の清水貴子著 ハーバード大学 ジョン・レイティ博士監修(出版:小学館

61yQLR9BE9L 71aXIcyAiCL 71E1yCUuknL 71i0N--ZEKL
画像をクリックすると拡大します

ジョン・J・レイティ博士からのメッセージ

DrRatey自閉症スペクトラム障害、注意欠陥・多動性障害、学習障害など「配線の異なる」脳を持つ(中略)
そういった特性をもつ子どもの親御さんは「うちの子は脳の配線が違うんだ」と考えてください。
まずそれを認めて受け入れ、恥ずかしいと思わないこと。
大切なことは、子どもが体を動かすようにすることです。
注意力や学習に困難があっても、そして自閉症スペクトラムの症状があっても
体を動かすことで脳も行動も改善します。

※本書 レイティ博士特別寄稿より

ご注文フォーム

bt_sformbt_kform

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6300-5250 受付時間 10:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP