スパーク協会の「運動療育士®」は、なぜ、いつもひょうきんにしているの?

スパーク協会の「運動療育士®」は、なぜ、いつもひょうきんにしているの?
その理由をハーバード大・ジョンレイティ博士が回答。
「私がスパーク運動療育をすすめる理由のひとつが、遊び心がある、療育に最適な運動療育士®たちの存在です。

遊びは、どんな子にも必要で、どんな子も反応します。
そして、遊びは、子どもが学び成長する一番の方法です。

遊びは運動につながりますから、子どもは遊ばせなければなりません。

そのためにも、スパークにいるようなひょうきんで少し野性的な療育士たちが必要なのです

そのおかげで、子どもたちは集中力を保ったまま体を動かし成長し続けられるのです」
http://www.spark-method.com/

スパーク協会の「運動療育士®」は、なぜ、いつもひょうきんにしているの?

スパーク協会の「運動療育士®」は、なぜ、いつもひょうきんにしているの?
ハーバード大・ジョンレイティ博士が回答してくださっています。「私がスパーク運動療育をすすめる理由のひとつが、遊び心がある、療育に最適な運動療育士®たちの存在です。

遊びは、どんな子にも必要で、どんな子も反応します。
そして、遊びは、子どもが学び成長する一番の方法です。

遊びは運動につながりますから、子どもは遊ばせなければなりません。

そのためにも、スパークにいるようなひょうきんで少し野性的な療育士たちが必要なのです」

そのおかげで、子どもたちは集中力を保ったまま体を動かし成長し続けられるのです。www.spark-method.com/

 

ハーバード大・ジョンレイティ博士が「スパーク運動療育®」をすすめる3つの理由

ハーバード大・ジョンレイティ博士が「スパーク運動療育®」をすすめる3つの理由
そのひとつは、遊び心がある、療育に最適な「運動療育士®」たちの存在です。

遊びは、どんな子にも必要で、どんな子も反応します。
そして、遊びは、子どもが学び成長する一番の方法です。

遊びは運動につながりますから、子どもは遊ばせなければなりません。

そのためにも「スパーク」にいるようなひょうきんで少し野性的な療育士たちが必要です。

そのおかげで、子どもたちは集中力を保ったまま体を動かし成長し続けられるからです。

■ジョン・レイティ博士とは
医学博士。世界的ベストセラー『脳を鍛えるには運動しかない』『GO WILD』の著者。ハーバード大・医学大学院臨床精神医学准教授。

脳と運動のつながりに関する世界的権威の一人。

「スパーク協会」の特別顧問でもある。
http://www.spark-method.com/

おめでとうございます! 新たな運動療育士が誕生!

おめでとうございます! 新たな運動療育士が誕生!

2017年2回目の「運動療育士資格認定講座」を受講してくださったのは、新潟県の放課後等デイサービス「ジョイキッズ」さんから。

来月新潟にオープンする新しい事業所にご勤務なさる2名の指導員のご参加でした!

発達障がい児を劇的改善している「スパーク運動療育」。
「スパーク運動療育」には、2017年4月から予定されている「放課後等ディサービス事業運営を厳格化する新ガイドライン」に完全対応したプログラムがあります。
お気軽にお問い合わせください。

次回の「運動療育士資格認定講座」は、

2月11日(土祝)12日(日)13日(月) 10:00~19:00 東京・初台 SPARKビル1Fで。
http://www.spark-method.com/spark/certification_courses

皆さんの地元でも是非「スパーク運動療育」を!

今年最後の「運動療育士」資格認定講座には、山口県と神奈川県から2名が参加してくれました。

その後、盛岡の事業所の応援と大阪で来年早々にオープンする事業所の内覧会サポートに伺いました。

来年は「スパーク運動療育」を実践する事業所が20に増える予定です!

皆さんの地元でも是非!

15541227_1223894437692963_4560677051939454259_n

15621889_1223894674359606_388740629333415901_n