「子供のときに正しい食事をしていたものは、プロになってからケガが少ない」。

「子供のときに正しい食事をしていたものは、プロになってからケガが少ない」。インゴ・フロベーゼ教授(ケルン体育大学)

ドイツサッカー界では「食事改善」がブームになっている。
残念ですが、日本はまだまだ遅れをとっていますね。

ss 2016-02-15 23.12.57
http://number.bunshun.jp/articles/-/824734