【1時間の激しい運動が、ADHDの子どもの集中力を4時間保たせる】

【1時間の激しい運動が、ADHDの子どもの集中力を4時間保たせる】
こう語るのは、清水貴子が理事を務める「スパーク協会」の世界的ベストセラー『脳を鍛えるには運動しかない』『GO WILD』の著者、ハーバード大学レイティ博士からのシェア。

自閉症、ADHD、学習障害など500人以上の発達障害の子どもたちを「スパーク運動療育」で劇的改善させてきた、清水貴子がいよいよ、定型発達の子どもたちの脳力開発を行います。