走ることは、脳にとって良いとされる「有酸素運動」の基本です。

走ることは、脳にとって良いとされる「有酸素運動」の基本です。

スパークの運動あそびプログラムの中には必ず有酸素運動が組みこまれています。

有酸素運動をすると脳の効果はおおまかに以下の3つがあげられます。

  • ①脳に血液の循環が促され脳に必要な酸素やブドウ糖が血液と一緒に運ばれ良い状態となる。
  • ②セロトニン、ドーパミンといった神経伝達物質のバランスが整い集中力が高まる。
  • ③脳細胞を作る元となるタンパク質群が脳内で生成・新生され脳細胞が増えたり神経回路が強化される。

★ただし、注意しなければならないのは「楽しく!」子ども自らが積極的に体を動かすことです。

でもどうやって?スパーク運動療育®︎で。

詳しくは小学館より発売の「笑顔がはじけるスパーク運動療育」のP40〜P47を参考にしてみてください。