今日もスパークでは沢山の親子が体を動かし、子どものまだ見たことのない表情、感情、声を引き出すことができました。

今日もスパークでは沢山の親子が体を動かし、子どものまだ見たことのない表情、感情、声を引き出すことができました。

今出来ない事を問題視するのではなく、今必要な事を沢山やっていく。すなわち「子ども目線になる共感」「運動とやりとり」

積極的な運動と複雑なやりとりが子どもの脳を発達させ心のキャパシティを広げ、人との豊かな関わり(コミュニケーション)や社会性を身につけていく事ができる様になっていきます。

早期発見、早期療育で効果は出やすくなります。特にまだ小さなお子様にはこの様な関わりが沢山必要です。