「応用行動分析学(ABA)」と「スパーク運動療育®」の違いは?

「応用行動分析学(ABA)」と「スパーク運動療育®」の違いは?
日本では、行われている発達障害児療育理論の多くが(ABA)」。
このABAが行動に直接介入して子どもの行動変容を促すのに対して、「スパーク運動療育®」SPARKでは、まず、感情に働きかけて、運動機能、感覚のキャパシティを広げ、心身の発達を促してパニックや問題行動を緩和します。

子どもの成長を樹木に擬えると、SPARKは根と幹へのアプローチする療育なのです。

■スパーク運動療育とは
「スパーク運動療育®」で5年で600人を超える発達障害児が劇的改善♪ 脳科学(SPARK)と発達心理学(DIR/Floortime)に基づいて開発された世界唯一のメソッドなのです。
spark-method.com