スパーク協会の「運動療育士®」は、なぜ、いつもひょうきんにしているの?
ハーバード大・ジョンレイティ博士が回答してくださっています。「私がスパーク運動療育をすすめる理由のひとつが、遊び心がある、療育に最適な運動療育士®たちの存在です。

遊びは、どんな子にも必要で、どんな子も反応します。
そして、遊びは、子どもが学び成長する一番の方法です。

遊びは運動につながりますから、子どもは遊ばせなければなりません。

そのためにも、スパークにいるようなひょうきんで少し野性的な療育士たちが必要なのです」

そのおかげで、子どもたちは集中力を保ったまま体を動かし成長し続けられるのです。www.spark-method.com/