「運動が脳細胞を増やす最も有効な手段である」

「運動が脳細胞を増やす最も有効な手段である」
世界的ベストセラー『脳を鍛えるには運動しかない』にも書かれている一節。

運動は脳の発達にとても役立ちます。
運動すると脳内で神経伝達物質や成長因子が作られ、感情をよりコントロールでき、人生に前向きになれます。

さらに、脳細胞を増やすことになります。

からだのどの細胞も同じですが、成長が止まれば、さびついてしまいます。

正しい方法で対処すれば脳細胞は成長します。
その方法がスパーク運動療育®なのです。

◾️清水貴子とは
脳が活性化する「スパーク運動療育®」の開発者であり、「スパーク協会」理事。
「スパーク運動療育®」で500人を超える発達障害児が劇的改善。

『脳を鍛えるには運動しかない』の著者、ハーバード大・レイティ博士も清水貴子を絶賛支持。
保護者や全国の発達障害児を支援する事業所、団体から今、最も注目されている一人。
http://www.amazon.co.jp/dp/4093108498

a99f7d541d414aff510e