有酸素運動はできれば外で

有酸素運動はできれば外で
外を走れば、でこぼこがあったり、石が落ちていたり、人とすれちがっていたり。さまざまに注意を向けて、頭や「体性感覚」を使わないと走れません。

また、外での運動には日の光を浴び、風や鳥の声を聴くなど、「感覚刺激」をともないます。

さまざまに注意を向け、五感を刺激する環境の中で有酸素運動をすると、脳全体が活性化することがわかっているので、できれば屋外での有酸素運動がおすすめです。

写真は、当スパーク協会の特別顧問であるハーバード大・ジョン・レイティ博士のHPより
http://www.spark-method.com/

c8704c14a3ed465933d0