擬態語には子どもを動かす威力がある

擬態語には子どもを動かす威力がある
子供と遊ぶときには、できるだけ、「ぴよーん」「ドーン」「ポーン」といった擬態語を発声させましょう。

擬態語を発したり、声を出しながらからだを動かすことは、感覚を磨き感情を育てます。

まずは、大人が声を出す習慣を身につけるといいですよ♪

◾️清水貴子とは
脳が活性化する「スパーク運動療育®」の開発者であり、「スパーク協会」理事。
「スパーク運動療育®」で500人を超える発達障害児が劇的改善。
世界的ベストセラー『脳を鍛えるには運動しかない』の著者、ハーバード大・レイティ博士も清水貴子を絶賛。

保護者や全国の発達障害児を支援する事業所、団体から今、最も注目されている一人。
https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B01G548XE4/

13cca22eeb675a8da653