ADHDをはじめとする発達障害児への向精神薬の投与

ADHDをはじめとする発達障害児への向精神薬の投与

「薬漬けにはなりたくない」
こう思う親御さんへの最良の解決策は、実は「運動」です。
しかし、メディアは、なかなか取り上げてはくれません。

4年前に放送された『クローズアップ現代』。

番組内で
「遊びを通して感覚を養うことを勧める」
「薬だけに頼るのではなく、問題行動の背景にある子どもの気持ちに寄り添いながら考えることが大切」
「12歳ぐらいまでの子供のほとんどは、実は薬なしで問題を乗り越えていける」

という医師の話に、我々スパーク協会も共感。

そこに、運動と食事の改善が加われば、驚異的に改善します。
私たちスパーク協会は、その実例を数多くもっています。

◾️清水貴子とは
脳が活性化する「スパーク運動療育®」の開発者であり、「スパーク協会」理事。

「スパーク運動療育®」で500人を超える発達障害児が劇的改善。
世界的ベストセラー『脳を鍛えるには運動しかない』の著者、ハーバード大・レイティ博士も清水貴子を絶賛。

保護者や全国の発達障害児を支援する事業所、団体から今、最も注目されている一人。
http://www.spark-method.com

6263ec03b034cf61725e