発達障害の子の脳によい走ること

発達障害の子の脳によい走ること

脳を発達させる「有酸素運動」の基本。
それが走ること。

ふだんあまり走ることのないおうちの方も、ちょっとがんばって親子でかけっこしてみましょう♪

影ふみ、しっぽとりなど、遊びの要素を取り入れれば、子どももおもしろがって走り続けます。

◾️清水貴子とは
脳が活性化する「スパーク運動療育®」の開発者であり、「スパーク協会」理事。

「スパーク運動療育®」で500人を超える発達障害児が劇的改善。
世界的ベストセラー『脳を鍛えるには運動しかない』の著者、ハーバード大・レイティ博士も清水貴子を絶賛。

保護者や全国の発達障害児を支援する事業所、団体から今、最も注目されている一人。
http://www.spark-method.com

919f1aff771d13c2ab20